20代からの不労所得

労働という名の「商品」を売るのは、収入と引き換えに人生を安く売るのと同じです。

2017 05/22

月々の不労所得が増加!!ついに8万円を超えた!?

17123254699_c2f412c9ee_z.jpg
photo by Pictures of Money



ブログ「20代からの不労所得」でのプロフィールです。

gaga1.jpg



「ぐだぐだな投資ブログ」から再スタートして4か月、
月々のキャッシュ・フロー約62,187円からホボ変動がありませんでした。
(ユニバが復配になってちょっと増えたくらいかな?)



私の不労所得の核となっているのが、
入居者様から毎月振り込まれる家賃でございます。




不労所得の割合
gaga2.jpg



株式配当金の額を増やしたいなら、
①配当金を多く配る企業の株を保有する
②株の運用資金を増やす



①だと多くて3%の配当が受けれると思います。
現在の運用資金が140万円くらいなので、
月々に換算すると2800円くらいがMAXでしょうね。



②だと現在保有している物件を売って、
運用資金が700万円くらいになるでしょうか。
①の条件を採用すれば月々14000が得られます。



う~ん。株式配当金で不労所得を得るのって案外難しいですよね・・・。
少なくても5000万円はないと月々10万円の壁を越えられません。



そう考えると不動産投資は、スゴク投資効率が良いですね☆
私の650万円の物件でさえ月々10万円が得られるのです。
(やっと満室になったので、来月から10万円の壁を超えます)



でも、得られる家賃収入が全て手取りという訳ではありません。
そこから税金、経費、空室などのリスクを割り引く必要があります。



藤山勇司先生のリスク計算

5年まで90%
5-10年85%
10年以降80%




私の保有物件は築30年を超えている。
藤山先生のリスク計算を使うなら80%である。



つまり、
月々の家賃収入×80%=手取り(キャッシュ・フロー)となる。
20%は、税金や突然の出費に備えておくのだ。



私の場合は、物件が物件なのでリスクの割合を65%にしている。
やはり古い物件なので修繕が所々で必要となるんだよね。
(実際70~75%でも回るハズ)



でも、まぁ今後も保守的に65%を採用しようかと思います。
いつ何が起きても大丈夫なように備えておきます。



そして今回、保有物件が満室になったことで、
月々のキャッシュ・フローが増加しました!!
(来月にならないと確定はしないんだけどね)



来月から得られる家賃想定123,000円
123,000×65%=79,950円
それに株式配当金が加わり
月々のキャッシュ・フロー81,017円


早速プロフィール欄の数字を変更しちゃおうと思います♪♪


スポンサーリンク




この記事と関連する記事

月々の不労所得が増加!!ついに8万円を超えた!?

(0)TB(-)

AFTER「『人生の楽園』みたいな生活をしたい

BEFORE「2017年5月 不労所得

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top