20代からの不労所得

労働という名の「商品」を売るのは、収入と引き換えに人生を安く売るのと同じです。

2017 06/05

30歳までに貯蓄額1,000万円を目指す☆改☆

6150985393_4b5a66cbbb_z.jpg
Chris Turner



何となく3か月前に書いた自分の記事を読みました。
その時のタイトルが『30歳までに貯蓄額1,000万円を目指す☆』です。


1000万円までの道のり

目標金額の1000万円までの差額は300万円です。
今年28歳なのでタイムリミットは3年を切りました。
頼るべきは労働力と不労所得です。


私なりに1000万円までの道のりを計算してみます。


Road to ¥10,000,000

・労働力 毎週$150貯金×147週=$22050
$1=80円計算(80円以下にならない予想) 
労働力から1,764,000円

・不労所得 月6万 毎月6万×34ヶ月=204万円
(リスクを考慮して10%ディスカウントする)
不労所得から1,836,000円

合計3,600,000円


よっぽどの事が起こらない限り貯蓄額1000万円は達成できそうです。
まぁ、元気に3年働き続けれるか未知数ですけどね。




貯蓄額700万円から1000万円への捕らぬ狸の皮算用です(苦笑)
やっぱり30代に突入する前に大台の1000万円を超えたいですよね。



現在の途中経過
bala.jpg



あれから3か月・・・貯蓄額は40万円程増えておりますね。
月々に換算すると毎月約13万増えている計算です。
Road to ¥10,000,000の逆算通りにコトは進んでいるみたいです。



順調に1000万円の道を歩んでいることに少し安心しました♪♪
何よりも驚きなのが未だに元気に働けてることに驚きです!!
(いつ体調が悪くなっても不思議じゃないので)



最近は、毎週予定していた貯金額より多くできています☆
それに、保有物件が満室になったので計算式を少しイジってみます。
↓↓

Road to ¥10,000,000 改

・労働力 毎週$200貯金×130週=$26,000
$1=80円計算(80円以下にならない予想) 
労働力から2,080,000円

・不労所得 月10万 毎月10万×31ヶ月=310万円
(リスクを考慮して20%ディスカウントする)
不労所得から2,480,000円

合計4,560,000円




未だに病気による労働リスクを伴うが仕方ない。
一応、働くという前提で逆算式を考えてみました。



不動産収入に関しても、いつまで満室が続くのか分からない。
ざっくり10万円をベースに20%のディスカウントでコトを収めた。



すると30歳を迎える年までに4,560,000円を貯蓄できる!!
月々の貯蓄額が約15万円ということになる!!
(ホントに毎月こんなに貯められるのか? 笑)



計算式が合っているのか分からないが、
毎月15万円を貯蓄すれば、来年末に1000万円の大台に突入する。
29歳で目標を達成できてしまうみたいです♪♪



後は、、、
株式運用でヤケドしないように気を付けるだけだぜ☆

最近はユニバで大切な種銭を焦がして香ばしいったらないぜ

スポンサーリンク




この記事と関連する記事

30歳までに貯蓄額1,000万円を目指す☆改☆

(0)TB(-)

AFTER「私のボロ物件の固定資産税¥37,200

BEFORE「セミリタイア生活の趣味探し

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top