20代からの不労所得

労働という名の「商品」を売るのは、収入と引き換えに人生を安く売るのと同じです。

2017 08/19

職場の人が30年ローンで家を買ったとのコトdeath!!

29303116852_e4315a2681_z.jpg
Investment Zen



私には不動産に対する強い信条があります。
それは『自分の持ち家は必要ない』ってコト!!!
特に持ち家に新築物件を買うという考えは皆無です。



新築物件は購入した瞬間に資産価値が20%以上も目減りします。
なぜなら、購入価格には不動産会社や建築会社の利益が含まれるから。
新築だと軽く数千万円だろうから、200~1000万円くらい取られてる計算だ。



私の投資法だと200万円もあれば中古の戸建物件が購入できてしまう。
不動産会社に支払う利益だけで中古の戸建が買えると思うとバカらしいよね。
しかも、その戸建を貸せたら毎月3~5万円の家賃が入るかもしれないのだ。



持ち家の新築をローンで購入するデメリットは他にもある。



1.長期にわたって住宅ローンを支払っていかなければならない




驚くべきは住宅ローンを20~30年もかけて支払い続けるだけでなく、
払い終えた金利の額だけでホボ同じ金額の新築が買えてしまうのである。
(銀行は物件の担保を押さえるので銀行側のリスクは極めて少ない)



やっとの思いでローンを支払い終えた時の物件はボロボロになっているだろう。
こうなってしまうと物件としての価値すら怪しい感じである。



2.そもそも20~30年働きながらローンを支払い続けれるのか?




もしかしたら明日・・・あなたが病気になってしまうかもしれない。
体が動かなくなてしまうかもしれない。会社が倒産してしまうかもしれない。



私の場合20~30年も働き続けると考えただけで、
毎日吐きそうな気持になってしまいそうだ・・・(苦笑)



生きていると様々な出来事に遭遇してしまう。
健康に20~30年働き続けれると安易に考えるのは危うい。
ローンの支払いが滞れば、銀行は容赦なく担保を売り払うだろう。



もしかすると家を売り払われてもローンの残債が残るかもしれない。
そうなれば残債を返済し続けないとイケナイ・・・。
もう何の為に家を購入したのか分からなくなりそうだ。



持ち家は『お金』を産まない



「持ち家など必要ない」と悟ったのはロバート・キヨサキ氏の考えからです。
キヨサキ氏の著書「金持ち父さん貧乏父さん」は私に多大なる影響を与えました。



ロバート・キヨサキ氏の名言

「資産」は私のポケットにお金を入れてくれる
「負債」は私のポケットからお金を取っていく




持ち家を持っていても私のポケットにお金を入れてくれません。
むしろ固定資産税、修繕費、保険などの支払いがあるので、
私のポケットからお金を取っていってしまいます。



つまり、『持ち家=負債』ってコトなんです。
一生懸命働いて手に入れようとしているモノが負債・・・。
人生の大半の時間を使って手にするのが負債なんて悲しすぎます。



まとめ


私の持ち家に対する考え方は偏見に満ち溢れている(苦笑)



私は、持ち家を購入するくらいなら、投資用の物件を購入するだろう。
そこから得られる家賃を使って安い部屋を借りて住みたい。

スポンサーリンク




この記事と関連する記事

職場の人が30年ローンで家を買ったとのコトdeath!!

(2)TB(-)

AFTER「彼女から貰った嬉しいお土産♪♪

BEFORE「ユニバ奇跡の11営業日続落↓↓もちろん年初来安値も更新!!

COMMENT

  • No.22 No title

    毎度お世話様です。

    記事タイトル末尾の「death!!」が、なかなか皮肉めいた秀逸な表現だと思います。

    金が無いヤツが身の丈にあわない買い物をすることは、ある意味、「死」ですからね。

    投稿者:soba 2017/08/20 (日) 09:37 [ 編集 ]
  • No.23 Re: No title

    こんばんはSobaさん


    将棋の弱い人ほど最後の詰みまで勝負を投げません。
    それと似ているのかもしれません。


    死んでから(詰まれてから)じゃもう手遅れなんです。
    そもそも「死」すら予測せずに指しているのかもしれませんが。

    投稿者:いぶし銀 2017/08/20 (日) 18:19

MESSAGE

非公開コメント

Top