20代からの不労所得

労働という名の「商品」を売るのは、収入と引き換えに人生を安く売るのと同じです。

2017 09/29

2017年9月末 資産状況

8273660863_d4fbcd31ba_z.jpg
photo by Moyan


9月末の資産状況まとめ



今月のユニバーサルエンターテインメントの株価
hoshi1.jpg


一時は岡田元会長の愚行で株を手放そうかと本当に悩んだΣ(´Д`*)
でも・・・でも・・・と言い訳を探しているうちに思いとどまったのです。
年末のカジノ経営状況が分かるまでは決して手放せないと!!!


そんなコトを永遠と考えてたらユニバの株価がスルスルと上がりました。
ストック・オプション行使条件で中期経営目標が知れたのが大きいかと。


ユニバーサルエンターテインメントのストック・オプション行使条件

1.(a)平成30年12月期の経常利益が300億円を超過していること。
(b)平成31年12月期の経常利益が320億円を超過していること。

2.平成30年12月期及び平成31年12月期の経常利益の累積額が800億円を超過した場合



経営陣の気持ちとしてギリギリの数字を行使条件にするとは考えにくい。
おそらく経常利益300億円は達成できる最低ラインと思っていいのかと。
現時点でカジノは赤字なので、300億円は決して悪い数字じゃない。


更にユニバの株価を上げた要因がドイツ証券が目標株価を5000円としたから。


欧州系大手証券が「バイ」でカバレッジ開始 みんなの株式より一部抜粋

ドイツ証券は26日、同社株のレーティングを新規「バイ」でカバレッジを開始した。目標株価は5000円としている。

同証券では「米カジノ大手ウィン・リゾーツとの訴訟が向こう12~18カ月で解決し、純負債比率84%からネットキャッシュ・ポジションへと解決する可能性があること」や「マニラのカジノリゾートが急成長し、17年の赤字から19年は1億ドルのEBITDA(利払い・税引き・償却前利益)に転換する可能性があること」などに注目している。



なんとドイツ証券はウィンとの裁判が12~18ヵ月で終わると睨んでいるみたいです!!
これだけ早く裁判が終わるようならポジティブな材料と捉えて良いでしょう♪♪
カジノ建設費用捻出のための増資リスクが減ったとも考えられる。


今月のユニバ株価上昇で年初来パフォーマンスが-16.9%まで回復しました。
一時は-35%以上だったので力強い回復を見せてくれてます。


6ヵ月間のチャート
hoshi2.jpg


チャートを見る限り最悪の時期は脱したように感じます。
ですが来月が本当の意味で鬼門となるコトでしょう。
上がるか、下がるかで流れが一気に変わりそうな予感。


Balance sheet as at 29/09/2017

hoshi.jpg


今月ようやく純資産額が800万円を達成しました!!
しかも圧倒的な数字で800万円を超えてしまいました(苦笑)


これもひとえにユニバーサルエンターテインメントのおかげでしょう。
(ただただ含み損が少し戻っただけなんですが・・・)
今月のユニバの底力で約27万円も資産に貢献してくれました。


負債欄の方も残すところ僅か11468円。
ウイスキーと雑費がなければ今月完済していたと彼女に言われましたが(苦笑)
とうとう来月にはグッバイ~負債でしょう!!!


今月の貯蓄額
Owner's 先月比+560,780円


普通のサラリーマンで月50万円も貯金するのはホボ不可能でしょう。
ザコな私でも資産運用してるからこそ月50万円もの額が可能なんです。
いかに若いうちから資産運用に取り組めるかで資産額は大きく変わりますネ。


今月の貯蓄額56万円のおかげで年末には純資産額が900万円を超えそうです。
下手をすると29歳を迎える前に純資産1000万円もあり得るかもしれません。

スポンサーリンク




この記事と関連する記事

2017年9月末 資産状況

(0)TB(-)

AFTER「私の先月の月収$3 

BEFORE「2017年9月 不労所得

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top