20代からの不労所得

労働という名の「商品」を売るのは、収入と引き換えに人生を安く売るのと同じです。

2017 10/23

2017年10月 不労所得

17123240849_14b0883f48_z.jpg
photo by Pictures of Money


9月の不労所得のまとめ


今月無事に不動産家賃が私の口座に入金されました。
(振込手数料がモッタイナイので2か月に1回入金されるシステム)
先月の繰越額を含めると今回入金された額216,850円


2ヵ月に1度のペースで私の月の給料以上が口座に振り込まれてる((((;゚Д゚)))))))
冷静に考えると物凄いコトが起こっておりますね(苦笑¥)
感覚的には私の代わりに物件がバイトして毎月10万円稼いでくれてる感じ。


いかに自分以外の誰か(人・モノ・カネ)を働かせるかが、
自分のセミリタイア生活を送る上でのカギとなるだろう。。。


私の場合はモノ(物件)を利用して稼いでいる。
ビジネスをしている人は、ヒト(人材)を利用することで稼いでいる。
株やFXをしている人は、カネを利用することで稼いでいる。


どれも損失覚悟で挑むからこそ多くの利益が得られるのだ。
リスクを取らなければ得られるものは極端に少ない。
(従業員として働けばリスクが少ない代わりに取り分も少なくなる)


汗水垂らして稼ぐ給料より、何もせず不労所得を得る方が尊い。
furou.png
FXトレードLAB」より画像抜粋


不労所得の仕組みを築くのは大変な作業だ。
0→1にする作業は物凄いエネルギーが必要となる。
普通に働いて給料を得るほうがヨッポド楽だと思う。


行動を起こすってのは、そもそも面倒だし、ストレスが溜まる。
しかも、行動が実を結ぶかなんて誰も分からない(苦笑)
だったら何もしないで適当に働いてる方が良いじゃん~♪ってなるよね。


まぁ、そんな思考回路だと私の今の職場の人間と同じだ。
仕事に不満をダラダラ言い、給料が少ないと永遠と嘆く。
それでも働かないと生きていけないから仕事を続けるしかない。


そもそも彼らには選択肢ってモノが存在しない。
他の仕事に移ったところで問題は一向に解決されないだろう。


自分を守るためにも若いうちから不労所得の仕組みを築くべきだ。
たとえ少額でも毎月不労所得が入れば心が豊かになる。
いざって時に仕事を辞める勇気にもなるかもしれない。

10月不労所得まとめ
不動産収入 105,188円


今月は除草代や照明交換費用などで先月より手元に残った額が少ない。
そろそろ北海道に雪が降る季節がやって来る。
吐きたくなるくらい除雪代を支払うんだろうな・・・_(:□ 」∠)_
来年になればスグ固定資産税の支払いとかもあるし・・・。


不労所得を得るには多くの経費がかかるコトをお忘れなく。

スポンサーリンク




この記事と関連する記事

2017年10月 不労所得

(0)TB(-)

AFTER「パチスロ業界オワタ\(^o^)/

BEFORE「29歳で不動産投資に1億円のローンだと!?

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top