20代からの不労所得

労働という名の「商品」を売るのは、収入と引き換えに人生を安く売るのと同じです。

2018 02/08

動かざるは山の如し

15918419258_0b0611fc41_z.jpg
Leonard J Matthews


詳しくは知らないがアメリカの金利が上がったのか、上げることが決定したかでアメリカの株式市場が急激に冷え込んだらしい。リーマンショック以来の下げ幅だとやっぱりビビちゃうよね((((;゚Д゚)))))))
nytimes.jpg


それにつられて日経平均も下がる下がる
nytimes1.jpg


そもそもアメリカさんが利上げしただけで、どうして日経平均が千円くらい下がってしまうのだろうか…?Σ(´Д`*)


まだ私が高校でマジメに勉強していた頃に経済学で「金利」について勉強した記憶がある。

金利を上げる

経済を引き締める為。金利が上がればリスク商品(株、債券など)ではなく銀行に預金する人が増える。金利が上がれば企業も投資を控えようとする。オーストラリアでは一時期の資源ブーム時に金利が7.5%くらいあった。行き過ぎた経済成長を抑える目的もあったのかもしれない。



10年前くらいの記憶なので正しいかどうか分かりません(苦笑)
まぁ、それにしても“たかが”利上げでマーケットが影響され過ぎのような気がします。
日経平均が好調だったので調整も兼ねていたのでしょうか((((;´・ω・`)))


ちょっと前だとトランプ氏が大統領に当選した直後に吐きたくなるくらい下がりましたね。
その時の私の絶望感は今でも覚えています。久々に震えました(。Д゚; 三 ;゚Д゚)


でも、その翌日は下がった以上に何か上がりましたっけ・・・。
どうも悲観ってのはマーケットを過剰に反応させてしまうみたいです。
一瞬でも自分の「お金」がなくなる!?て考えると売り払いたくなる心理は分かります。


何かに「お金」を賭けてると、ちょっとしたコトで不安になります。


昔の私だったら悪い事態が起こったら我先にと損切りしていたとでしょう。
それこそ日経平均-1600円みたいなコトだとスグに逃げていたと思います。


でも、今回は逃げずにジッとしていました。
むしろ資金があれば買い増ししたいなぁ~とすら思っていたくらいです。


投資歴10年(多分)にして、ようやく投資ってモノを少し理解できました。
あの場面で保有銘柄を売ってはイケナイ。動き回ってもイケナイ。
余裕資金があれば果敢に買うくらいの方が結果的に良い。


動かざるは山の如し


散々損してきた私の結論です。

スポンサーリンク




この記事と関連する記事

動かざるは山の如し

(0)TB(-)

AFTER「悪い局面こそ、その人のセンスが出る

BEFORE「総資産が1000万円を超えたよ((´・ω・`;))

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top