FC2ブログ

20代からの不労所得

労働という名の「商品」を売るのは、収入と引き換えに人生を安く売るのと同じです。

2018 05/06

自己犠牲に徹する人生でも良いじゃないか。

158456204_5a3f1b7153_z.jpg
Paul

『パレートの法則』


皆さんは『パレートの法則』をご存じだろうか?
おぉっと・・・。ご存じありませんか?結構マイナーですからね。


もしかすると『80:20の法則』と言えばピンと来る人がいるかもしれません。
だいぶ前に似たような法則について書いたことがあるので参考にしてみると分かりやすいかも知れません「ユダヤの法則 「78:22」」(おそらくユダヤ人の方の方が感覚的に早く『80:20法則』を理解していたのかもしれません)


パレートことヴィルフレド・フェデリコ・パレート氏
pare-to.jpg
(Wikipediaより拝借)


パレート氏は哲学者であり経済学者とのことです。
言い伝えによると彼はあるきっかけを元に『80:20の法則』をひらめいたらしいです。


そのきっかけとなるのが>エンドウ豆
実ったエンドウ豆の80%が20%の苗木から収穫されたことに気付いたんだとか。
それを応用して富を調査したり(イタリア国土の80%が20%の人々に所有されている)、
様々な産業について調べてみると『80:20の法則』が当てはまった。


ビジネスの面で例えるなら・・・
総売り上げの80%は20%の優秀な社員によって生み出される。
これの面白い所がいくらダメな80%の販売員をクビにして入れ替えたところでバランスは変わらないところである。


この法則はアリの世界にも当てはまるらしい。
働きアリ達は一生懸命働いていそうなイメージがあるが、
80%の働きアリが本気で働いて、20%の働きアリは働かずグウタラしている。


実験として20%のグウタラしているアリを巣から除外する。
そして、残りの80%の一生懸命働くアリだけを巣に置いておく。
後はいつも通りにアリに働いてもらうようにした。


すると、どうなっただろうか?
残った80%の一生懸命働くアリの内から20%がグウタラなアリになったそうだ。


いくら努力したところで私は20%の優秀な社員になれない


総売り上げの80%は20%の優秀な社員によって生み出される。
これが事実だとすれば私が20%の仲間入りすることは到底不可能だろう(苦笑)
歳を重ねるごとに自分の立ち位置が明確になってきたように思える。


最初は誰でも自分が20%の優秀な社員であることを信じて疑わない。
むしろ、そのくらいの考えじゃないとイケナイよね(・Д・)ノ


でも、実際は違う。
皆がみんな努力したところで優秀な20%の社員になれる訳じゃない。
人にはそれぞれの役割ってのがあると思う。それを全うしないとね。


野球だって全員4番バッターを揃えても勝負に勝てるわけじゃない。
(そういや、昔にどっかの金持ち球団がソレを証明してくれたよね)
クリーンアップ打者を中心に周りを固めていくのが基本だ。


私は小学校の頃から野球の打順が2番だった。
(今さらだが人生を生きる上で典型的な2番バッターだと気付いた)


野村克也氏曰く

犠牲心が求められる1,2番は右打ち、バント、エンドラン、あるいは少々高度だが盗塁した奏者のスタートを見て、「アウトになりそうだ」と思ったらカットし、「セーフ」と思ったら見逃す。こういった条件付きのバッティングをする必要がある。


個人的には、その他にも相手ピッチャーの球筋を味方に見せるためにわざとボールをカットしたり、球数を放らせて体力を奪うなどの嫌らしさも持ち合わす必要もあるかと思う。いかにクリーンアップにまで回すか。そして相手ピッチャーがクリーンアップに対して投げにくい状況を作り出せるかがカギとなる。


私はどちらかと言えば優秀な20%の社員を裏で支える側なのかもしれない。
地味な仕事をひたすら片付ける。裏でセカセカと動き回る。
まぁ、日の目に浴びない脇役でございますヾ(o´∀`o)ノ



マンガ「グラゼニ」より
hanayaka.jpg
hanayaka1.jpg
hanayaka2.jpg


自分の立場を理解して脇役に徹する。
それだけでも十分カッコイイと思うんだけどな。
(ちなみにその後、杉里は重度のイップスになりクビ。則川はトレードに出され新たな地でエースとなる)


私の好きなストーリーの1つ
「リバースエッジ大川端探偵社」より
seishunwa3.jpg
seishunwa4.jpg

seishunwa5.jpg

seishunwa.jpg
seishunwa2.jpg


自分が一体どういう人間なのか。
それをきちんと理解して、自分の強みにすると良い。


スポンサーリンク




この記事と関連する記事

自己犠牲に徹する人生でも良いじゃないか。

(0)TB(-)

AFTER「暗くて苦しい時期を支えてくれたドラマ

BEFORE「未来の自分に期待するな!!

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top