20代からの不労所得

労働という名の「商品」を売るのは、収入と引き換えに人生を安く売るのと同じです。

2017 03/16

2016年 不動産収入まとめ

13668663053_ebcc872788_z.jpg
photo by Jeremiah


私の貯蓄額80%以上を占めている不動産投資。2014年頃から株式投資に行き詰まりを感じ、思い切って不動産投資へシフトチェンジしました。このダイナミックなシフトチェンジが成功したのかどうか未だに懐疑的です。


不動産投資の特徴は、入居者から毎月家賃収入が得られることです。きちんとした入居者さえ見つけることができれば、ほとんど何もする必要がありません。ただ毎月振り込まれる家賃をネットで確認するくらいでしょうか。もし、入居者の部屋で問題が発生しても、管理会社を使っているので現場に行く必要もありません。


不動産投資は、定期的な収入が手元に入るのが良い点。



期待収益率



不動産を購入する上で、最も大事なのが期待収益率です。購入した金額に対して年間何%の収益を得られるのかということです。期待収益率が高ければ高いほど、元本(不動産購入価格)回収の期間を早めることができます。もし期待収益率20%なら、約5年で元本を回収することができます。


ただ、期待収益率があまりにも高い物件は、何かしらの問題を抱えている可能性が高いです。例えば)オンボロ物件、借地権、入居者が見つからない等々。もちろん期待収益率が高くて、問題を抱えていない物件を購入するのがベストです。でも、そんな都合の良い物件に出会える確率は本当に低いです。


なので、自分で解決できそうな問題を抱えた物件を買うのが比較的高めの期待収益を得るコツでしょう。もしくは、売り主から購入価格を値切って期待収益率を達成するかでしょうか(他力本願な感じが否めませんが)


2016年 不動産収入


2016年は、たった数ヶ月の間でしたが空室で困っていた部屋に入居者がいました。なので毎年得られる家賃収入よりも少し多めでした。ただ、古い物件なので修繕費などの経費もかなり支払わされました。時々、何の為に不動産投資をしてるんだ?と思ってしまうほどです。

2016年 不動産収入

家賃収入 1,274,167円
経費    285,432円
手取り   988,735円   



2016年の手取り収入÷不動産所得金額(650万)=15.21%
去年度は15.21%の利回りで不動産投資を運用できた計算です。決して悪い数字ではないのですが、古い物件なので利回り20%を超えないと面白くありません。


ちなみに、1部屋空いている空室が埋まると、年間利回りが20%を超えます。不動産収入で元本回収に成功すれば、後はタダで不動産収入が得られるのと同じですよね。木造建築の物件で50年くらい普通に経っているので、上手くいけば10年以上もタダで不動産収入が得られそうです(その頃になると、恐ろしいくらい修繕費もかかるのでしょうけど)


経費 経費 経費



そろそろ固定資産税の通知が届く時期です。ホントツマラン通知です。不動産所得税は、減価償却費の力で支払いゼロのはず☆彡まぁ、日本で仕事してないので、年間所得100万くらいなら無税なのでしょうけど。今後新たな不動産を取得していけば、少なからず所得税の負担も増えてしまいますな・・・。


今年こそ完璧に空室を埋めるのが目標です。空室対策で管理会社が提案してくれたベッド導入を行いました。金額にして3万円くらいです。入居者の需要を高めるために、入居者が決まればテレビも導入する予定です。その他でウェルカムバスケットも検討しています。


こんなにも空室対策に経費がかかるなんて知りませんでした。 長く入居してくださっている入居者に本当に感謝です。



スポンサーリンク




この記事と関連する記事

2016年 不動産収入まとめ

(0)TB(-)

AFTER「虫歯治療に10万円!?!?

BEFORE「1ヵ月ブログを続けたが、1日のPV数30止まり

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top