20代からの不労所得

労働という名の「商品」を売るのは、収入と引き換えに人生を安く売るのと同じです。

2017 03/22

クレジットカード審査に落ちる

33253394736_74ed61098b_z.jpg
GotCredit


日本人のクレジットカード保有率84%
クレジットカードの保有数は平均3.2枚


日本人の大半の方が最低でもクレジットカードを1枚保有しているはずです。
平均保有枚数3.2枚なので、もしかしたら3枚以上保有している人も多いのでしょうか。


素朴な疑問ですが、どうしてクレジットカード1枚で足りんのだ!?


現金でなくクレジットカードで支払えば多くのメリットが得られるのが魅力です。

・ポイントが貰える
・支払いを先延ばしにすることができる
・購入した物の詳細が送られてくる



私自身クレジットカードをあまり利用しないのでメリットが思い浮かばない(苦笑)
クレジットカード利用者には、もっと多くのメリットを感じてるんだと思います。


まぁ、いずれにせよ現代社会では、クレジットカードは欠かすことのできないモノですよね。


そんなクレジットカードの審査に私は落ちた経験があります。
悔しくて今でも忘れることができません。その話を今回はします。

就職活動中


今から6年くらい前の話になる。


当時22歳だった私は日本へ帰国して就職活動をしていた。どうしても入社したい企業を見つけたので、その企業の面接を受けるためだけに帰国した。不採用だった場合どうしていたのだろうか。


就職活動中どんなきっかけか忘れたが、母親と一緒にゆうちょ銀行へ行った。
多分、何かの用事で付き添っていたのだと思う。なんとなく銀行内でボケーっとしていた記憶がある。


ボケーっと銀行の利子ってクソだなと張り紙を見ながらいると、母親が私に
「これから社会人になるんだからクレジットカード作っておいた方が良いんじゃないの?」と提案。


別に断る理由はない。クレジットカードがあればアマゾンでの買い物が便利になる!母親の提案を受け入れることにした。


だが、オーストラリアから帰国したばかりだったので、クレジットカードが作れる保証はない。
念のため銀行員の方に私の事情を説明。オーストラリアでは月10~15万の収入もあった。


なんとなく事情を理解してくれた銀行員の方が、クレジットカードの審査書類を渡してくれた。
書類項目をきちんとキレイな字で書いて、先ほどの銀行員の方に提出。


すると、数分も経たないうちに「クレジットカード作れません」と返答される。


「いやいや!!事情説明したでしょ!?ダメって分かってたんなら書類なんて書かすなよ!!」思わず言葉に出てしまいそうだったが必死に我慢した。


何となく男としてフラれた気がして本当に悔しかった。思い出しただけでイライラしてしまいます。

内定確定後


クレジットカードの話には続きがある。


就職活動が上手く行き、無事に入社したかった企業から内定を貰う。
内定を貰った後、銀行印変更の為に再びゆうちょ銀行へ向かった。(内定記念にチタンの印鑑を作ったので)


ゆうちょ銀行で銀行印変更の手続きが終わると、あの時の銀行員が出てきて私に話しかけてきた。


銀行員「就職内定されたんですね。クレジットカード作れますよ」


私は耳を疑ってしまった。「ハァ!?ふざけんなよ!何今更、提案してくれてんだコノ銀行員。」とフツフツ怒りが込み上げてくる(小心者なので決して言葉にできませんよ)しかも、内定を貰っただけなので一切の収入を稼いでいない。だったらオーストラリアで定期的な収入を稼いた頃の方が断然良いでしょ?


「こんな銀行で絶対クレジットカード作りません」とキッパリ断ればカッコ良かったと思う。
でも、内定で舞い上がっていたのか、提案を受け入れてクレジットカードの審査書類を提出してしまった・・・(苦笑)


何とも情けない話である。


クレジットカード有効期限


後2か月もすれば、クレジットカードの有効期限を迎えます。
私にとってクレジットカードが必要であれば、有効期限延長の手続きをしなければなりません。


でも、私は、この良い機会にゆうちょ銀行のクレジットカードとお別れします。
ここ数年クレジットカードを使った記憶がありません。しかも、しれっと年会費を取られてるし。
私にクレジットカードを使うメリットはありません。


1番恐れているのが、有効期限が過ぎて勝手に新しいクレジットカードが送られてくることです。
使わないゴミに年会費を払うなんて絶対に嫌だ!!!!!!!!!
そうなった場合は、日本に帰国して解約手続きをしなければなりません。


有効期限が切れる前に、きちんと詳細を調べてキレイにお別れします。

スポンサーリンク




この記事と関連する記事

クレジットカード審査に落ちる

(0)TB(-)

AFTER「貯金50万円あれば誰でも不動産オーナー

BEFORE「サクッと築けそうな不労所得の仕組み

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top