20代からの不労所得

労働という名の「商品」を売るのは、収入と引き換えに人生を安く売るのと同じです。

2017 03/28

理想のセミリタイア生活

2701060746_162bc8f68a_z.jpg
photo by namealus


ここ数日、立て続けに変な客(?)の接客をして精神的に疲れてしまった。
変な客の共通する点は、店員にわがままで失礼。もてなされて当たり前と思っている。
※中途半端な金持ちの態度も悪いよね。ホントの金持ちの人って皆穏やか。


変な客を接客する割合自体は、1%以下だと思う。むしろ良いお客様の方が多いくらいだ。
いくら多くの良いお客様を接客して楽しんでも、
1%以下の変な客に出くわすと全てが台無しになってしまう。



その時の嫌な思いや気持ちが1日に何度も何度も頭の中でフラッシュバックする。
こうなると肉体的にも精神的にもダメだ。全てがうつむきがちになってしまう。


もはや私に残された選択肢は1つしかない。
1年、1ヵ月、1日も早く不労所得を築いてセミリタイアするのみだ。



ふと私にとって理想のセミリタイア生活の場面が訪れたので紹介したい。


本日は、午後からの出勤でした。
しかも彼女が出張中だったので、昨日からクイーンサイズのベッドを独り占め。
史上最強にしつこいネコ」で書いてある通りのルーティンをこなし、
いつもの2度寝をグダグダと楽しんでおりました。


朝ごはんを食べ終えた2匹のネコが、のそのそとベッドの上にやってきました。
私の足元辺りに来て2匹のネコも2度寝を存分に楽しんでおりました。
そんな光景を見て「野郎(オス)3匹がグダグダ寝てるよ」と思うとクスっと笑っちゃいました。



vivion1.jpg



あぁ・・・私が思い描く理想のセミリタイアだなぁ~と思いつつも、
出勤の準備をする時間になったので重い腰を上げて起き上がりました。


セミリタイアを達成できたら、時間にとらわれず、気の済むまでネコと寝ようと思います。


そんなセミリタイア生活が送れたら人生は豊かで素晴らしくなりますね。
そのためにも、今を少しだけ頑張ろうと思います。

スポンサーリンク




この記事と関連する記事

理想のセミリタイア生活

(0)TB(-)

AFTER「私を読書好き変えた、あるノーベル賞候補の言葉

BEFORE「2017年3月 不労所得 

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top