20代からの不労所得

労働という名の「商品」を売るのは、収入と引き換えに人生を安く売るのと同じです。

2017 02/17

健康ありきの不労所得

6881503604_49ed3c80cc_z.jpg
photo by Tax Credits


不健康は将来的に費用がかかる



20代の若いうちなら少々の不健康な生活を送っていても問題ないかもしれない。暴飲暴食、睡眠不足、運動不足などなど・・・若さで乗り切れる部分もあるだろう。だが30代、40代を迎えるようになって同じような生活を続けていたら生活習慣病は避けられない。生活習慣病は、将来的に糖尿病だったり高血圧などの疾患を患う可能性がある。そうなると、不健康が原因で健常者よりも多くの医療代を支払わなければならなくなる。


ちなみに、私はジャンクフードが大好きです。健康の為に食べないようにしているのですが、どうしても油ものが食べたくなる時があるのでついつい食べてしまいます。おそらくガツンとした油ものは、強烈な旨味を脳へダイレクトに伝えるから止められないのだと思います。(家から歩いて数分のところにK○Cがあるのも原因の1つかもしれません)


不健康は、健康に比べて1000万円も損をする!?



インターネットで「健康 不健康 金額」でサーチしてみると面白いブログにヒットしました。実は不健康だと1000万円も損する!健康が最も節約になる理由by Suzie ←具体的な数字を使っていかに不健康が損をするのか書かれているので分かりやすいです。


ちなみにブログで取り上げられている本を私は22歳の時に読んだことがあります(笑)当時から将来に何かしらの不安を抱えていきていたんだと思います。その不安は今でも解消されたわけではありませんが、不労所得を得るようになってから少し人生を気楽に考えれるようになりました。


健康ではないと「やる気」は生まれない



例えば、投資の勉強を始めようと投資の本を読むという行為は、「やる気」が最高にみなぎっている時ではないでしょうか??何か行動するきっかけに「やる気」が伴っていないと何も始まりません。この「やる気」を生みだす最低の条件は、健康であることだと思います。体調が悪いと何もする気が起きないのは「やる気」が出てこないからです。


不健康な生活は、いずれ生活習慣病となり最終的には体調不良となる。1000万の損をする上に、肝心の行動する「やる気」まで失ってしまっては人生崩壊への道まっしぐら。アリとキリギリスの話ではありませんが、今という人生を楽しんだせいで将来の苦労を負ってしまう羽目になってしまいます。


オーストラリアでは、デブとマッチョの二極化が進んでいる



オーストラリアでは、よくスポーツジムに行く格好の人たちを街で見かけます。彼、彼女らは健康の意識が非常に強いです。運動だけに限らず、何が体に良い食材なのか、何を食べれば良いのかを徹底的にこだわります。そういった方に対応する為に、最近ではオーガニックショップやらオーガニックフードが増えているだと思います。


面白いことに街を眺めているとブクブクに太った人とマッチョの2極化が進んでいるように感じます。ここ数年の間にスポーツジムが増えたことも要因の1つなのでしょう。もしくは、私が健康に興味を持つようになったので意識的に感じるようになったのかもしれません。


ここで1つ雑学を。
太ってお腹のお肉がウエストからはみ出るコトを英語で[Muffin top}と呼びます。まさしくマフィンの上の部分のように膨張していることを指しているんですね。オーストラリアのスケールだとマフィントップというよりも酒樽に近いかもしれませんが。
17174142216_6a1fcfe1b1_z.jpg
photo bySarah


些細なことでも良いから「健康」を始めよう



今すぐ無茶苦茶な生活を止めて健康的な生活を始めることは難しい。急にシフトチェンジしてしまったのでは、どこかのタイミングで絶対に苦しくなって止めてしまうのがオチだ。些細なことから健康を意識してみることから始めてみよう。健康であれだけで1000万円も得をするのだ。1000万円あれば余裕で一棟の不動産を購入できる金額である。不健康である理由などない。


例えば、通勤で1駅前に降りて歩いて出社する。毎週外食する回数を減らす。お酒を飲む量を減らす。何だって構わないから健康に挑戦してみるといい。健康に挑戦しているうちに新たに「やる気」が生まれて何かを始めるようになるかもしれない。その何かがもしかしたら不労所得の勉強かもしれない。


不労所得には「健康」が密接している。「健康」の他にも「節約」や「貯金」など多くが絡んでくる。その一つひとつが不労所得とは切っても切り離せない重要な要素となっている。不労所得をメインに取り扱う前に基礎となる「健康」「節約」「貯金」などを重点的に書いていきたい。





スポンサーリンク




この記事と関連する記事

健康ありきの不労所得

(2)TB(-)

AFTER「貧乏人の方が金持ちより太っている

BEFORE「自分という存在をアピールしろ

COMMENT

  • No.3 No title

    こんばんは

    経済力がないと食事等健康に気を付ける事は難しいですね。
    カツカツだと食費を切り詰める方向に行きますので、カップ麺等の安価な炭水化物に頼ってしまいます。

    ブログ村の新着が、以前のブログ名で反映されています。
    あらためてブログリニューアルおめでとうございます!

    投稿者:アンテイ 2017/02/17 (金) 22:26
  • No.4 Re: No title

    こんばんは アンテイさん


    まさしくその通りですね。統計では、金持ちより貧乏人の方が太っているらしいです。
    その理由がお金がないので安いジャンクフードやらインスタント食品に頼るからとのこと。

    これもブログのアイデアとして書かせて頂きます!!!!アイデアありがとうございます。

    > こんばんは
    >
    > 経済力がないと食事等健康に気を付ける事は難しいですね。
    > カツカツだと食費を切り詰める方向に行きますので、カップ麺等の安価な炭水化物に頼ってしまいます。
    >
    > ブログ村の新着が、以前のブログ名で反映されています。
    > あらためてブログリニューアルおめでとうございます!

    投稿者:oxidisedsilver 2017/02/18 (土) 06:21

MESSAGE

非公開コメント

Top