20代からの不労所得

労働という名の「商品」を売るのは、収入と引き換えに人生を安く売るのと同じです。

2017 04/09

不動産購入の際の手数料

32913926694_0e9749e986_z.jpg
photo by GotCredit


株式投資で売買の取引をすると当然だが手数料がかかる。
最近は、ネットの普及のおかげで手数料も安くなった。
ネット証券がない頃は、1000万円の取引で8万円も手数料を取られていたらしい。


ちなみに、私が使っている証券会社の手数料一覧

kabu2.jpg



ここより手数料の安い証券会社も今ではたくさん存在する。


手数料が自由化されたからこそ、
個人投資家も株の世界に参入できるようになった。



本当に便利な世の中になったものだ。


不動産購入にかかる手数料



株の取引手数料が安いのは分かった。


だが、不動産投資を購入する場合は、
どのくらいの手数料がかかるのだろうか?



不動産を購入する際の手数料は、業者への仲介料と捉えて良いだろう。
法律によって業者への仲介料の上限が定められている。


不動産ジャパン」より仲介手数料上限額

fff.jpg



まぁ、仲介料【不動産価格の3%+6万円】と覚えておけば問題ない。


株式投資なら手数料を払えば終わりだが、
不動産投資に関しては仲介料以外にも手数料が発生する。


不動産購入時の手数料まとめ

・仲介料
・契約の際の収入印紙
・登録料免許税
・生命保険料
・火災保険
・司法書士手数料
・所得税



不動産を購入するだけで、こんなにも多くの手数料が発生してしまう・・・。


これを見た読者様は「おいおい・・・どんだけ手数料かかるんだよ・・・。」と思うかもしれない。もしくは、「1つ1つの手数料をきちんと把握しないといけないの?」と不安に感じるかもしれない。



1つ1つの手数料項目を把握した方が、不動産投資をする上で有利かもしれない。
でも、私は正直きちんと把握していない。物件を買った時も別に困らなかった。


ざっくり不動産購入手数料を「物件購入価格×8%」で覚えている。
これを覚えるだけでいい。特に細かいことを気にする必要もない。


後は、仲介業者が必要な手続きを手伝ってくれる。
まぁ、高額な仲介手数料を支払っているのだから、
彼らに手数料分だけ精一杯働いてもらおう!!



ちなみに、不動産投資で新築を購入しようと考えるのは完全な暴挙だ。
新築だけは絶対に手を出してはならない。


というのも、新築の価格には営業利益の2割が含まれている。
つまり、購入した時点で不動産の価格が2割DOWNしてしまうのと同じなのだ。
新築の2割の価格となると結構な金額になってしまう。


新築を購入したり、新築を建てるのは、不動産投資に無知な人が多い。
よくあるのが、不動産営業マンが口八丁で土地持ちの資産家に節税目的に不動産を建てさせる。
不動産経営が想定通りいかなくても、その営業マンは知らん顔を決め込んでオワリ。


本物の不動産投資家は、↑上のような人から格安で物件を買い取るのだ。
それだけで不動産の利回りが格段に上昇することができる。

スポンサーリンク




この記事と関連する記事

不動産購入の際の手数料

(0)TB(-)

AFTER「鬼の居ぬ間にエサやり

BEFORE「不動産投資の師匠

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top