20代からの不労所得

労働という名の「商品」を売るのは、収入と引き換えに人生を安く売るのと同じです。

2017 02/18

貧乏人の方が金持ちより太っている

3017331832_29ec5246bb_z.jpg
photo by Dan
(ぽっちゃりネコはどうして可愛いのだろう?)


昔は太っていることが金持ちの象徴だった



昔の貧乏といえば、毎日の食事にありつくのもままならく、栄養不足でガリガリのイメージがある。食べれる物が極端に少なかったのだから必然的に痩せてしまうのが原因の1つだろう。農作民の場合だと、天候によって農作物の収穫が大きく左右されてしまう。安定した収入を得られる保証はどこにもない。現物の米を中心とした食生活が予想されるが、農作業で大半のカロリーを消費していたのも痩せていた理由なのかもしれない。


反対に、金持ちの場合だと十分な食事と栄養にありつくことができる。これだけで当時は相当なステータスだったと考えられる。太っていた方が丈夫で健康的な体と信じられていたのは、一般的な人が食べるのに困っていた時代だったからなのかもしれない。そういった理由で、「金持ち=太っている」という象徴の図式が成り立ったのだろう。


将軍徳川家康が太っていたのは、「江戸は繁栄している」と訴えかける政治的アピールがあったのだろうか。丸々と太れることをトップの将軍が表すことで長い江戸時代の礎が築けたのかもしれない。実際は、どうだか分かりませんが。


現代では貧乏の方が太る傾向にある



現代の金持ちと昔の金持ちとは状況が変わりつつある。現在では、貧乏人の方が太る傾向にある。



The Economics of Obesity: Why Are Poor People Fat?by by Natural Health DossierApril 13, 2011

Numerous studies show that low-income children and adults are far more likely to be overweight than those of greater means. And the statistical distribution fits a nice, neat curve – as income falls, the rate of obesity rises.


簡単に要約すると、低収入の親と子供は太り過ぎになりやすい。収入が低下するにつれて肥満の割合が増すと書かれてある。


どうしてこのようなことが起きているのかは、少し考えれば簡単に答えにたどり着けることができる。


貧乏人にとって食事で重要なのは「安い」こと。そして、次に大事なのが「1回の食事でより多くのカロリーを摂取できること」である。そうなると、どうしても安価なジャンクフードだったり、インスタント食品に頼らざる負えない。こういった食事の主な原料は、炭水化物や脂質の多い油ものになってしまう。こういった食事を続けていれば必ず太ってしまう。


金持ちは、きちんとした食事や栄養を選ぶことができる。数ドルのハンバーガーを選ぶ代わりに、栄養が豊富な食材を購入することができる。バランスのとれた食事をすることで健康的な体でいられることが可能である。そして、健康であれば不健康に比べて1000万円も得をするのだから貧富の差は今後も開き続けることだろう。
前回の記事 健康ありきの不労所得


学生時代の貧乏経験



どうでもいい話だがオーストラリアの学生時代は貧乏生活をしていた。食事での最大の関心は、「安い」そして「量が多い」と正に上で書かれているのと同じなのだから驚く。主な主食は、$1で売られている一斤の食パン。飲み物は、偽物のコーラ。パンで腹を満たし、偽コーラで腹をタプタプにするのが日常だった。


当時は若かったこともあり健康は特に問題なかった。ただ、少し心が病んでしまったことがある。「同い年の学生は、何も悩まずに美味しい物をたべているのに、どうして俺だけこんな物しか食べることができないんだ!?」こういった思考に陥ってしまうと、気持ちまでネガティブになってしまう。物事を悲観的にしか捉えられなくしまう。


悲観的な性格になってしまったのは、この頃の貧乏生活が原因なのかもしれない。



ただ、このおかげでお腹を満たせれば何でも満足できる体になった。大抵の物を美味しく食べることができる(ただの味覚音痴になっただけかもしれないが)


太るか痩せるかを決めるのはあなた次第だ



太るか痩せるかは誰からの指示を受けてするものではない。選択肢は全てあなたに委ねられている。


正直今のところ私も低収入の部類に属しているので、「金持ち=健康」と証明する材料にならない(笑)ただ、統計がおおよそのデータを示してくれている。将来的に金持ちになりたいのであれば、健康的な生活を送り、健康的な体になる必要がある。


金持ちになってから健康を意識するのではなく、今から健康に意識を置くようにすれば金持ちの仲間入りが早まるかもしれない。私が実践してそれを証明できたら良い例の1つとして判断材料になるだろう。なので、頑張って健康になろうと思います。





スポンサーリンク




この記事と関連する記事

貧乏人の方が金持ちより太っている

(0)TB(-)

AFTER「1日どれくらいのPVがあればブログ代300円をを稼げるようになるのか?

BEFORE「健康ありきの不労所得

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top