20代からの不労所得

労働という名の「商品」を売るのは、収入と引き換えに人生を安く売るのと同じです。

2017 04/16

買った瞬間から含み益1000万円!?夢のような投資商品 ③

3952875143_3389ca83bf_z.jpg
photo by dfc works


これまでの記事
買った瞬間から含み益1000万円!?夢のような投資商品 ①
買った瞬間から含み益1000万円!?夢のような投資商品 ②


そして、今回グダグダにならなければ③が最後の記事となります。



買った瞬間から含み益1000万円の投資商品の正体・・・・


それは、
オーストラリア(シドニー)新築マンションである!!


オーストラリア不動産バブルの力に支えられ、
嘘みたいに不動産市場が盛り上がっている。


その一例として、中国系の不動産屋さんが街中溢れている。
ここ数年で爆発的に不動産屋さんの数が増えたように思える。
儲かりそうな所に人や資金が集中する典型だと言えるだろう。


多くの移民がオーストラリアに押し寄せていることで、
不動産の需要と供給バランスが合わなくなっている。
需要>供給と偏っているため、不動産価格が上がり続けている。


賃貸で借りる場合でも、下手をすると東京の家賃より高いかもしれない。
(東京に住んだ事がないので、何とも言えないが)


以前、2人シェアのマスタールームを借りた時、1人当り週200ドルの出費(約17000円)
月に換算すると68,000円。2人だと136,000円
比較的に都市部だったとはいえ、
たった1部屋のシェアルームに約14万円も支払っていたのだ。


完璧に狂っている・・・。正にクレイジーだぜ☆



こんな感じでグダグダと①と②を書いてしまった。
そろそろ本題に入らないと④になりそうなのですな(苦笑)

Off-the-plan

7232731676_73b4f15d96_z.jpg
photo by Toshiyuki


『Off-the-plan』という言葉を知っているだろうか??
おそらく日本人の方には馴染みがないかと思う。
オーストラリアに長く住んでいる私でさえ『Off-the-plan』が分からなかった。



『Off-the-plan』とは、実物の建物がまだ完成されていないにも関わらず、
数年先に建築されるだろう建物を購入するコト
である。



つまり、
建つかどうも分からない建物の権利を買うのと同じである(苦笑)



近年の新築マンションの販売方法は『Off-the-plan』が主流だと思われる。
詳しくは分からないが、ディベロパーの資金繰りが楽になるのも理由の一つかと。
(オフ・ザ・プランで購入したは良いが、業者が破産したら一体どうなるのだろう?)



実物が実際に建って、マンションを内見してから買いたい人がいるとする。
(普通の人間なら建物を内見してから購入したいと思うのが大半だ)
でも、内見してから購入すると、すでにオフ・ザ・プランで購入した人から買い取る形になる。



それだけで、下手をするとオフ・ザ・プランで購入した価格の30%~以上高くなるらしい。
前か後かだけで随分と値段が変わってきてしまう不思議な話だ。



夢のような投資商品のカラクリは、
新築マンションを『Off-the-plan』で予め購入してしまうコト




イメージとして5000万円の新築物件が完成したら、
謎の値上がり修正で30%の含み益1000万円以上といった感じなのだろう。
ホントバカゲタハナシがあるものだ。寒気がする。


Casino.org」より画像拝借
james.jpg


写真右の人物をご存じだろうか?
彼の名はJames Packer オーストラリアのカジノ王である。
マライア・キャリーと付き合っていたと言えば分かる人もいると思う。



James氏がシドニーにカジノを設立すると発表した。
(だいぶ前の話なので後数年先にはカジノ出来ちゃうのかもね)



その時にカジノが建つ周辺の物件なのか、
James氏が建てる予定の建物の物件かが『Off-the-plan』で販売された。
なんと一瞬で完売したという情報がある。



カジノが実際に建ったときに、転売目的で資産家が購入したのだろう。
確か安いモノでも最低1億円くらいの物件だった気がする・・・。
建物が無事完成したあかつきには、彼らが一体いくら儲けるのか気になる。


新築なのにボロボロ

93710124_8c80ecad26_z.jpg
photo by Jasper


彼女はオフ・ザ・プランで新築マンションを購入して含み益が1000万円以上ある。
ただ買うだけで1000万円の含み益なんて夢のような投資だ。



だが、1つだけ個人的に言わせてもらいたいがことがある。




オーストラリアの新築マンションは新築なのにボロボロ!!
こんなクソ物件に数千万円も払う価値はない!!




確か記事②の方でシドニーは地震が起こらないと書いたと思う。
地震がないコトを前提にマンションが建設されているのか、
私のような素人が見てもマンションの骨組みが甘すぎる。



表現が悪いが、レゴブロック感覚で建設?って思えてしまう。
それくらい建物の耐久性を疑ってしまうレベルなのだ。



さらに、マンションの内装
ぱっと見た感じはキレイである。



だが、よく見るとホント粗い。
たまらず笑ってしまう。


これまで見つけたダメなトコロ

・カーペットが端まで届いていない(見えにくい場所は適当)

・新築なのに所々の壁がヒビ割れを起こしている

・風呂場の床が設計ミスか何かで床が乾かない。
湿気で天井がカビだらけになる→1ヵ月かけて修復。部屋中ホコリまみれで放置

・新築なのに雨漏りしてしまう。
(現在修復中。天井に穴を開けられたまま2週間も放置されている)



細かい問題だと一杯あり過ぎるので書くのを止めておく。
とにかくクソ過ぎて笑っちゃうぜ☆



日本の4~5000万円する新築マンションで上のような問題が起こるとは思えない。
やっぱりオーストラリアって何か適当で雑なんだよね。



まぁ、1000万円以上の含み益があるから彼女は何も言わないんだろうけどさ。
(買ってスグ売ったら利益の半分が税金で取られちゃうって!!)



どうでもいい話だけど
私なら4~5000万円あったら日本で中古物件を4つ5つ買って、
月々のキャッシュ・フロー50万以上稼ぎたいけどなぁーー


スポンサーリンク




この記事と関連する記事

買った瞬間から含み益1000万円!?夢のような投資商品 ③

(0)TB(-)

AFTER「花見に連れていかれるネコ

BEFORE「買った瞬間から含み益1000万円!?夢のような投資商品 ②

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top